konbanwa, mada okiteru?

夜の暇潰しなんかに。

2020年のGWで最初に買ったもの:マスク

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tabun_game_over/20200504/20200504005309.jpg


GWですかね、みなさんいかがお過ごしでしょうか。例年とは全く違う連休になるんだろうな思ってはいるものの音楽聴いたりアニメ観たりラーメン食ったり買い物したり散歩したり寝まくったりと現時点ではあまり変わらない感じです。ただいつもみたいに遊びに行くみたいな意識持ってどっか行くとかできないんで、そこが後々になって積もり積もって響いてくるのかもなあと。買い物も欲しいもの買ってすぐ帰る感じだし散歩も気晴らしって感じだし。そもそもやってるお店や施設が全くないですしね。でもやっぱ一番キツいのは友人と遊べないとこなんですがそこは仕方ないんでなんとか耐えます。とにかくせっかくの連休抑圧され過ぎておかしくなる事だけは御免なんで今の状況を理解しどうするべきかを考えつつなんとか上手く楽しんで凌いでいきたいです。連休をやり過ごすだなんて思いたくもなかったな。



ようやくマスクも手に入りやすくなってきたのでようやく自分も購入することできました。ドラッグストアなんかではいまだに全く見かけないのに普段衛生用品取り扱ってない商店なんかがガンガン中国製のマスク売り出すようになっててウケる、入手経路が気になり過ぎる。自分は昨日上野のアメ横で買ってきたんですが服屋さんから魚屋さん挙句の果てにはタピ屋さんまで取扱店舗は多岐に渡る。戦時中の闇市ってこんな感じだったんだろうか。マスクありませんの張り紙してあるドラッグストア近くの居酒屋では入口前に段ボール山積みでマスクや消毒液を販売していてこれには笑いを通り越して背筋が凍ったし気味悪くて吐き気がした。多分そこが一番安かったと思うんだけど嫌過ぎて別の店で買った。写真がそれ、お土産コーナーが併設されてる女性ものの服屋って感じの店だった気がする。いまだにマスクは慣れないし嫌なままだ、上手く息ができなくて苦しい、特に昨日は真夏か?ってくらい暑かったので口元汗だくで気持ち悪い。でも流石にしないわけにもいかないので外出時特に店や電車の中ではなるべくつけるようにしている。早くナンバガ無観客ライヴでの森山未來みたいにマスク外して踊り狂えるようになりたい。やはりあれには何らかのメッセージが込められていたのだ、きっと。



“大切な人には限りなくやさしくそうでない人には限りなく残酷になれれば一人前だ”、「人それぞれに生活があるのだから誰にも個人を否定する権利などない、まずは相手の話を聞くべきだ」、前者は遠藤浩輝によるマンガ『EDEN』の一節で後者は尊敬する人の言葉だ。出会った時期は違えど共に自分の中にある強い人間像で、自分もそのような人間(あくまでも自分がそれらの言葉を受けて思い描く人物像であるが)に憧れてはいるのだがどう考えても真逆だ、そして自分はきっとどちらにもなれない。最近、というか3月辺りからTwitter眺めてる時思考がそれらふたつの板挟みになってしまう事が多々ありそれがとても苦悩で苦痛だ。自分は今でもどっちつかずの弱い人間で、このままだとこの変わりゆく世界の中で本当に大事な時に本当に大事な人達を見失ってしまうのではないかという不安、そして葛藤。本来ならこんな風に悩む必要なんてない、弱いなりに自己は保ち続けてるつもりだ、それさえできていればきっとやっていける、ただ無駄に過敏になっているだけだ。だが本当にそうか?中々に吹っ切れない。


山本精一のインタビューを読んだ。この人のようになりたい。







さっきヤフオク見てたらこんなの見つけた。じ、地味に欲しい・・・が札幌店頭引取限定とか・・・そんな条件付けられるのか初めて見た・・・。10万貰ってある程度落ち着いたら買いに行くしかないのか・・・。